セカンドライフの稼ぎ方

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ遊び方

セカンドライフの歩き方

セカンドライフの歩き方が分からないという方に私の経験をお話します。
私はあなたより、ちょっと早くセカンドライフの住人になったのですが、私はオンラインゲームというのには全く興味がありません。ですが、この不思議なバーチャルの世界で仮想世界のセカンドライフを毎日歩いています。
最初は不安もありましたが、日本語版ではなくてもメニューは日本語表示されているし、言葉も片言の英語で大丈夫だし、日本の街も存在するし、対戦型のオンラインゲームとは違うので攻略する必要もないし、旅行、趣味、遊び、仕事、お金儲けなど楽しみ色々です。仮想空間セカンドライフは初心者でもきっと楽しみを見出すことが出来ると思いますよ。

セカンドライフの歩き方や、セカンドライフ攻略方法、楽しみ方、ビデオカードのスペックなど、仮想世界を充分に楽しむために必要な知識をご紹介したいと思っています。
とはいっても、紹介する私も初心者ですので、日記感覚でまとめていきますね。
ですから、スクリプトなどの作り方など高度なものをご希望の方は、他のサイトを参照されることをお勧めします。

セカンドライフ内では、授業などの教育を受けられるよう、初心者向けに無料で(一部低料金の場合有り)色々な講習会が開催されています。
私は、3Dオブジェクトの作成方法の講習会に参加してみました。
・箱作り⇒雪だるま作成という簡単なものでしたが、私のような初心者は苦手意識を持っている方が多いので、楽しく作れたという意外な実感が持てました。
日本語版ではないので授業は英語になりますが、なんとか見よう見まねで作ることが出来ました。
次はジュエリー作成の講習会に参加してみたいと思っています。
講習会のスケジュールは検索→「イベント」タブ中の、プルダウンメニューから「教育」を選択し、日時を指定して検索ボタンをクリックするとたくさん表示されると思います。
授業についていけないと思っても、そこは仮想世界なのですから、恥ずかしいと思うことはないですよ。
気軽に参加してみてくださいね。

画面下に表示されているツールバーに「小さい地図」があります。それを活用していますか?
クリックするとあなたの現在位置周辺の小さい地図が表示されます。
見方は、黄色の○が今あなたがいる場所、緑色の●が他の方がいる場所です。
誰か探したいときや、一人になりたいときなど、この地図を目安にして移動するのもいい活用方法だと思いますよ。

スポンサーサイト

セカンドライフ日本語

セカンドライフ(Second Life)日本語版

仮想空間でのビジネスチャンスを始め、アメリカの多人数同時参加型「仮想空間」体験ロールプレイングゲームである「セカンドライフ(Second Life)」の日本語版がまもなくリリースされることが分かりました。

「セカンドライフ」は、今までのオンラインゲームのように目的意識やシナリオに沿った形で進行していくのではなく、特定の結末が用意されていない、環境シミュレーターや箱庭などの考えに近い感じの仮想空間として提供されています。
セカンドライフの世界内では、一定のルールはあるにしても、その範囲内でプレイヤーは好きな乗り物に乗ってドライブをしたり、知人と遊んだり話したり自慢したり、好きな洋服を着たり、好きなように建物を建てて優越感に浸ってみたり、好きな仕事を始めてみたりなど、現実では出来ないような実に多種多様なことが出来ますので、「第二の人生」として満喫することが出来ます。

セカンドライフの会員数は、既存しているネットワークゲームの『World of Warcraft』『エバークエスト』『ウルティマ オンライン』と比べれば少ないですが、自由度が既存のゲームより高いことから、ゲームとしての評価より、「コミュニティ形成としての場」や「エンターテイメントを総合的に楽しむ世界」としての評価のほうが高いと思います。

特徴のひとつとして、経済的な取引が活発なことがあげられます。
ゲーム内で使用されている通貨「Linden」はアメリカドルとの相互交換が可能なため、ゲーム内で現実さながらの商取引が行われています。
また、ゲーム内だけでなく外部でもインターネットショップなどを通じて取引が活発に行われているため、場が盛り上がります。
もちろん、セキュリティなどには細心の注意を払っています。

【日本語版の紹介ページ】(http://jp.secondlife.com/)では「まもなく公開」という表記はされていますが、実際の公開はまだ先であると思われます。
その理由としては、現在の料金体系がアメリカドルとクレジットカードでの支払いしかないという理由から、現時点では不便な点が多いということが挙げられています。

でも、それを乗り越えてでもプレイしてみたいのがセカンドライフの魅力ですので、正式な日本語版の公開まで心待ちにしたいですね。
セカンドライフの世界の中には通貨(「リンデンドル(L$)」)があります。 この通貨で土地や服を買ったり、色々なアトラクションを楽しんだりする事ができます。 これは現実の世界と同じである。 相場は変動がありますが、大体 「1ドル=270リンデンドル=120円」 逆に考えると 「100リンデンドル=45円」というように考えられます。 であるので、セカンドライフでお金を使うときの目安としては大体表示額の半分よりちょっと安めな位と考えると楽になる。 セカンドライフの仮想世界の中にはクリエイター達の好意で無料のアイテムを置いておいてくれているので、充分にそれだけでも楽しむ事ができます。 でも、やっぱり本当に欲しいなって思うものはやっぱり有料なのでお金がかかります。 これはやっぱり現実世界でも仮想空間でも一緒なのである。 大体の商品の相場は、 ○アバター達の服、アクセサリー類:50~3百リンデンドル ○動物系のアバターのバーツ   :5百~1千リンデンドル ○アバターのスキン       :1千リンデンドル 上記は目安であるので参考程度にしてください。 セカンドライフではアバターにお金をかける事で感情移入しやすくなるがお金はかかりますよね。 でも揃えてしまえばほとんどお金はかからなくなる。 上記の理由から、大体1千円くらいは換金しておく事をおすすめします。 1千円だと2千リンデンドル位であるが、可能でしたら2千円程(4千リンデンドル)ほど用意しておいてもいいです。 が、ご利用の際は計画的にお願いします。
薄力粉 ドルチェ 2.5Kg



スワロ輝くフラワーモチーフ【Dolce ドルチェ】のヘアゴム


プロフィール

だいにらいふ

Author:だいにらいふ
FC2ブログへようこそ!

●仮想空間セカンドライフ●
セカンドライフ攻略でグーグル
検索1位になりました!





【動画解説500分以上】初心者が自分で更新できる最短ホームページテンプレート+【動画作成ソフト付き】次世代の動画作成完全マニュアルのセット

最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


全ての記事を表示する


タグリスト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。